オリーブオイルの効果

悪玉を減らし善玉を増やすオレイン酸がたっぷりのオリーブオイル

コレステロール値が気になる人は、オレイン酸という成分が含まれる油を摂取してみてはどうでしょう?

 

「オレイン酸って聞いたこと無いけど・・・・」
「オレイン酸ってなんだ???」

 

などと聞こえてきそうですが、実はオレイン酸という物質には、動脈硬化を促進させる悪玉のLDLコレステロールを減らす一方で、動脈硬化を抑える善玉のHDLコレステロールをふやす働きがあるという大きな特長があります。

 

しかも、肝臓に脂肪が蓄積するのを防いでくれます。こうしたすぐれた働きがあるオレイン酸を70%以上も含む油があります。それがオリーブ油です。

 

高コレステロールを改善するには、悪玉を減らし善玉をふやす作業を行うのが最も効果的です。

 

この"作業"を可能にするのがオリーブ油なのです。これに対し、一般によく使われる植物油、つまり大豆油やサフラワー油をはじめ、ほとんどの食品に含まれる油の成分はリノール酸という系統です。

 

このリノール酸は、悪玉と善玉の両方のコレステロールを下げるうえに、免疫力を低下させるという2つの大きな欠点があります。
WHO注目のコレステロール対策はコレ!今だけ約1ヶ月分1,000円(送料無料)

 

酸化しにくく過酸化脂質の発生を抑えるオリーブ油

オリーブ油のもう一つの特長は、ほかの植物油とくらべて酸化しにくい点です。
これは、オレイン酸が酸化しにくいことに加え、抗酸化性の強いビタミンEを含んでいるからです。酸化しやすい油をとると、体内で過酸化脂質という有害物資がたくさん発生します。

 

動脈硬化やガン、糖尿病などの生活習慣病を促進するのが、この過酸化脂質です。ですから、オリーブ油のように酸化しにくい油を取って過酸化脂質の発生を抑えることも動脈硬化予防の重要なポイントです。

 

このように、オリーブ油にはすぐれた作用があり、実際、オリーブ油をたくさんとる地中海沿岸地域の人は、その他の動物性油脂を使う北欧とくらべて、心臓血管系の障害が非常に少ないことがわかっています。
コレステロール値を下げるには、オリーブ油をとるだけでも効果があるとまでいわれているので、日常の食生活に積極的にとり入れていきましょう。

 

なお、摂取量については、あまり神経質にならないで、油を使う調理にできるだけオリーブ油を使うようにすると同時に、1日最低2品はオリーブ油を使った料理を食べるように努めましょう。

 

効果の高いオリーブオイルを安く購入⇒コレステロールを下げるオリーブ油【通販ページ】
人気のオリーブジュースカプセルはコチラ⇒話題のオリーブオイル健康法を手軽にお試し!約1ヶ月分1,000円/特典付き

 

関連記事

善玉コレステロールを増やす方法
基本的に、善玉コレステロールは運動で増えます。しかし、ある食品からでも善玉コレステロールを増加させるものが近年発見されています。あるものとは??

 

 

 

なぜ油はバランスよく摂取しないといけないのか?
油脂は摂取エネルギーの25%以下に抑えて、バランスよく摂取すればコレステロールは増えまえん。全く摂取しないのも問題で、極端に取らないと最悪糖尿病になりやすくなります。

 

 

 

三黒の美酢
3黒成分を配合し、少しでも美しく穏やかな生活の助けになればとの思いから生まれた200年の伝統製法「実力派サプリメント」です。感動の黒酢体験で体質を改善しませんか?

 

 

 

 

植物性と動物性のバランス
植物油にある不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロール値を下げる効果があり、摂取量を適切に守れば善玉HDLコレステロールをふやす働きがあります。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報