力カキでコレステロール改善

力キにはコレステロールの吸収を抑える成分が豊富

 カキは、良質なタンパク質やビタミンB群、亜鉛、鉄などのミネラルに富んでいるだけでなく、コレステロールを減小させるタウリンという成分も豊富に含まれています。タウリンはアミノ酸の一種で、魚介類に多く含まれていますが、中でも最も多いのがカキなのです。

 

 このタウリンは、イオウを含んでいるため、含硫アミノ酸と呼ばれています。含硫アミノ酸は交感神経の緊張を抑える働きがあります。交感神経は、私たちの意思では左右することのできない自律神経の一つです。自律神経が緊張すると、力テコールアミンというホルモンが分泌され、血圧や脈拍を上昇させます。

 

 特に、ストレスなどの刺激が加わると多量に分泌されて、血管をかたくしたり、血管壁にコレステロ−ルが沈着されやすくしたりして、動脈硬化を促進する原因になります。ところが、タウリンには交感神経の緊張を抑えて、力テコールアミンの害を予防する働きがあるため、血圧の上昇や、コレステロールの沈着を抑制してくます。

 

 またタウリンには、コレステロールから胆汁酸を合成し、排泄を促して血中コレステロールを減少させる作用もあるのです。このように、カキは、ストレスが多く、コレステロールや動脈硬化など生活習慣病が気になる現代人には、まさにうつてつけの成分が含まれた食品です。理想をいえば週になるベく1-2回100g(小3個)程度は食べてほしいものです。

 

タウリンを補給する、とっておきのサプリ

【自然食研】のしじみ習慣

TVで話題のしじみ習慣!しじみの栄養を凝縮した製品です。日頃タウリンの摂取が少ないと思われる方、宴席が多い方、二日酔いがひどい方に人気の商品です。日常で貝類など摂取が少ない方は、無料サンプルなどから気軽に試してみるものいいかもしれません。

 

関連記事

コレステロールを下げる食材
実は、コレステロールを下げるための有効成分は数十種類以上わかっています。後は、その有効成分が入っている食材を摂取することでコレステロールを抑えることができます。

 

 

 

食物繊維はコレステロールを下げる即効性のある特効薬
『そろそろ健康診断か、そういえばコレステロールが気になっていただ・・・今すぐ何とかしたい!!』そんな方にオススメの方法が食物繊維の摂取です。手っ取り早くコレステロールを下げるのなら食物繊維を多く含んでいる食品を積極的に摂取することです。

 

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが正常値ではないのですが全く自覚症状がありません!って方多いんじゃないでしょうか?コレステロールの数値が正常でない事は、脂質異常症と言う病気です。はっきりと病気といえるのです。健康診断で見るべきポイントとは?

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報