植物油の酸化防止のコツ

油の酸化によって発生する物質が体にさまざまな悪さをします

悪玉のLDLコレステロールを減らし、善玉のHDLコレステロールをふやすには、意識的に植物油をとることが必要です。

 

生の油はもちろん、炒め物、楊げ物などでも大いにとるべきです。この楊げ物や炒め物は、必要な楠物油をとるうえで最もたやすいよい方法ですが、植物油の扱いには、十分な配慮を払っていただきたいものです。というのは、植物油に含まれる不飽和脂肪酸は、熱や光によって酸化されやすいのです。

 

不飽和脂肪酸が酸化すると過酸化脂質に変わります。体の中でも、悪玉のLDLコレステロールが酸化を受け、悪玉の性質がより増強されます。

 

古くなった油で下痢や腹痛を起こすのはこの過酸化脂質のいたずらのせいです。そればかりではありません。過酸化脂質は老化や動脈硬化の原因にもなります。動脈硬化予防でとったはずの植物油が、かえって生活習慣病を促進するはめにもなりかねないのです。(コレステロールと動脈硬化

 

油の酸化を減らしたり防いだりするさまざまな知恵

楊げ物をするときは、酸化を防ぐために油の温度を上げすぎず、短時間に楊げることです。さらに、揚げ油として使ったら、できれば1回きりで捨てるようにします。こうすれば、まず心配はありません。

 

植物油は新しいものを使い、長くとっておかないで一缶をなるベく早く使い切ることや、保存の際には必ず冷蔵庫で保管することも覚えておきましょう。また、揚げ物や炒め物を食べるときは、抗酸化作用の強いビタミンEやB1、カロチン、ビタミンCなどを含む食品をとつて、不飽和脂肪酸が過酸化脂質に変化するのを防ぐようにするのもよいでしょう。

 

本来、植物油はビタミンEを多く含んでいるのですが、精製する途中でかなり省かれてしまっています。ただし、体というのはうまくできていて、油が酸化して体に悪い状態であれば、必ず自衛反応で下痢などを起こして体外に徘出しようとするので、それまで酸化ということにぴりぴりと神経質になる必要はないでしょう。

 

関連記事

コレステロールと食事量の改善
実は意外と知られていないのですが、コレステロールの約8割は体内で生成されています。コレステロールを下げるには、コレステロールが多く含まれている食べ物だけを控えればいいと思われがちです。 しかしこれだけでは不十分なのです。

 

 

 

なぜ油はバランスよく摂取しないといけないのか?
油脂は摂取エネルギーの25%以下に抑えて、バランスよく摂取すればコレステロールは増えまえん。全く摂取しないのも問題で、極端に取らないと最悪糖尿病になりやすくなります。

 

 

 

オリーブオイルの驚きの効果!
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールをふやす大きな特長があります。

 

 

 

植物性と動物性のバランス
植物油にある不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロール値を下げる効果があり、摂取量を適切に守れば善玉HDLコレステロールをふやす働きがあります。

 

 

 

善玉コレステロールを増やす方法
基本的に、善玉コレステロールは運動で増えます。しかし、ある食品からでも善玉コレステロールを増加させるものが近年発見されています。あるものとは??

 

 

 

魚の油がコレステロールを下げる
いわし、さば、さんまなどを代表する青魚にはコレステロールを低下させる作用があります。それは青魚に含まれるEPAとDHAが一役買っているのです。EPA/DHAは身体にどんな効果をもたらすのでしょうか?

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報