特定保険食品「緑でサラナ」がコレステロールを下げる

サラナ

 コレステロ−ルを下げるために運動をするこ事と食事内容を見直すことです。しかし、運動を行うことは、忙しい現代人にとって非常に難しいです。ほぼ不可能って人も多いのではないでしょうか?そんな方でも大丈夫です、食事の内容に気を付けるだけでもコレステロールは下がるんです。

 

 ところで食事に気をつけるということは、どのようなことなのでしょうか?それはバランスの良い食事を取るということです。つまり単純に言うと野菜をたくさん摂ることがコレステロールを下げる秘訣なんです。しかし、当然これらを毎日続けることは難しい。そこでお勧めなのが、サンスターの特定保健用食品「緑でサラナ」です。

 

「緑でサラナ」の6つの特徴

 

 

臨床試験で効果を確認

サラナ

 緑のサラナの有効成分でもあるSMCSが コレステロール低下強力にサポートします。緑のサラナは、12週に及ぶ厳密な臨床試験により、SMCSのコレステロール低下作用を確認した商品です。その試験内容は、消費者庁にも認められており、トクホ(特定保健用食品)を取得している商品です。

 

 毎日決められた量を飲み続けるでけで、LDLコレステロールを辛いトレーニング無しで無理なく低下させます。

 

SMCSって何?

SMCSとは、ブロッコリーやキャベツなどに多く含まれる天然アミノ酸のことです。ブロッコリーやキャベツがコレステロールを下げる作用についてサンスターは長年研究し、日本栄養・食糧学会誌、臨床病理において論文を投稿し、注目を集めました。


 

商品購入先>

愛飲者の声

 

↓【劇変!】緑のサラナを一日一回飲むだけでLDLコレステロールを低下!↓

 

サラナ