しいたけの有効成分

しいたけの食物繊維が脂質値を下げてくれます

しいたけには、コレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。それは、食物繊維、ナイアシン、エリタデニンといった有効成分が豊富に含まれているからです。まず食物繊維には、小腸でコレステロールの吸収を抑えたり、胆汁酸を吸着して体内の余ったコレステロールの排出をスムーズにする作用があります。

 

 また、食物繊維には腸内でビフィズス菌などの善玉菌がふえるのを促し、それによる整腸作用があります。そうして腸の働きが活発になると便の量がふえ、ふえた便はコレステロールや中性脂肪を吸着して体外へ排泄してくれるのです。

 

食物繊維は短期間でコレステロールを下げる成分

 

ナイアシンが悪玉リポタンパクを低下させます

 しいたけに豊富に含まれているナイアシンは、主に次のような働きをしてくれます。一つは、肝臓での中性脂肪の合成を抑え、中性脂肪値を低下させる働きです。同時に、肝臓から放出されるVLDLも減少するので、コレステロールも減少します。

 

VLDLとは、肝臓で脂質とタンパク質が結合して合成され、血液中に放出されるリポタンパクです。

 

 もう一つは、LP(a)という新種の悪玉リポタンパクを低下させる作用です。LP(a)が血液中にふえすぎると血栓をできやすくし、また、それ自体が動脈の壁にくっつきやすいため動脈硬化の独立した危険因子とされます。たとえば、コレステロールや中性脂肪が高くなくても、血液中のLP(a)の値が高ければ動脈硬化が進行してしまうのです。ナイアシンはこれを予防し、改善する効果があり、病院では治療薬として使われています。

 

注目すべき固有成分エリタデーンの特効

 エリタデニンは、しいたけに含まれる固有の成分で、これにもコレステロール低下作用があります。

 

 先ほど触れたVLDLというリポタンパクは、肝臓で脂質とタンパク質が結合して合成されますが、しいたけのえリタデニンには、この脂質とタンパク質の合成を抑え、また、中性脂肪やコレステロールを便中に排出し、体外に排泄する働きがあります。このため、結果として、これら脂質値を下げることができるわけです。エリタデニンは、しいたけの特に笠の部分に多く含まれています。食べる量ですが、食物繊維が食べだめできない点を考えれば、毎日2-3個が適当です。

 

しいたけは、杭酸化作用や免疫力増強作用を持つ成分も豊富なので、おいしく食べながら健康づくりに役立ててほしいものです。

 

コレステロールを下げる食事内容のすべて
これで撃退!コレステロール対策商品

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top