酢は体のサビといわれる過酸化脂質をできにくくする

酌がコレステロールを下げる

 酢には、血液中のコレステロールを減らす作用があります。これは、次のような動物実験によっても明らかになっています。1フットを次の5つのグループに分けて5日間飼育し、血清中のコレステロール値を調べました。

 

@水を与えるグループ
A米酢を体重1kgあたり5ml与えるグループ
B米酢を体重1kgおあたり1.25ml与えるグループ
C4%の酔酸水溶液を体重1kgあたり5ml与えるグループ
D4%の酢酸水溶液を体重1kgおあたり1.25ml与えるグループ

 

結果A?Dのグループのコレステロール量が、水を与えた@グループより減少しており、特に、米酢なり合成酢を5ml与えたAとCの場合は20%も減小しました。

 

 ラットの実験結果をそのまま人間にあてはめるわけにはいきませんが、酢がコレステロール値を低下させる作用があることは十分に考えられます。

 

酢は体のサビといわれる過酸化脂質をできにくくする

 また、酢には過酸化脂質をできにくくする効用があります。過酸化脂質は、体のサビとも呼ばれ、脂肪分が酸化されてできる物質です。毒性が強く、細胞にたまると細胞膜を壊し、栄養分の補給と老鹿物の徘出がス厶ーズにできなくなって、細胞の働きが低下します。また、血液中に過酸化脂質がふえると、動脈硬化を起こす原因にもなります。

 

 米酢には、過酸化脂質の生成を防ぐ作用が確かめられており、コレステロール低下作用と抗酸化作用があると考えられます。コレステロール値が気になる人は、日常の調味料として、ぜひ米酢を活用していただきたいと思います。なお、酢の摂取量はー日あたり15ml程度が適量です。

 

関連記事

コレステロールを下げる食材
実は、コレステロールを下げるための有効成分は数十種類以上わかっています。後は、その有効成分が入っている食材を摂取することでコレステロールを抑えることができます。

 

 

 

食物繊維はコレステロールを下げる即効性のある特効薬
『そろそろ健康診断か、そういえばコレステロールが気になっていただ・・・今すぐ何とかしたい!!』そんな方にオススメの方法が食物繊維の摂取です。手っ取り早くコレステロールを下げるのなら食物繊維を多く含んでいる食品を積極的に摂取することです。

 

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが正常値ではないのですが全く自覚症状がありません!って方多いんじゃないでしょうか?コレステロールの数値が正常でない事は、脂質異常症と言う病気です。はっきりと病気といえるのです。健康診断で見るべきポイントとは?

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報