ストレスとコレステロール

悪玉コレステロールをふやし動脈硬化を促進するストレス

狭心症や心筋梗塞などのように、心臓の筋肉に血液が行かなくなって起こる病気のことを、虚血性心疾患と呼びます。

 

この虚血忤心疾患を引き起こす危険因子には、高コレステロールなどの高脂血症、高血圧、喫煙、糖尿病、肥満などがありますが、それらと並んであげられるあなどれない危険がストレスです。

 

ストレスを受けると?血性心次忠を起こしやすくなるのは、ストレスが体に次のような影響を及ぼす力です。

 

体がなんらかのストレスを受けると、脳の交感神経が刺激されると同時に、下垂体も刺激を受けてACTHと呼ばれる皮質刺激ホルモンが分泌します。このACTHは腎臓の上にある副腎という臓器に働きかけて、カテコールアミンというホルモンを分泌させます。

 

この力テコールアミンには心拍(心臓の拍動)を増加させると同時に、血管を収縮させて血庄を上昇させる作用があります。つまりストレスは心臓の発作を引き起こす条件を二つも三つも用意してしまうのです。

 

ストレスはまた、脂質代謝の異常を引き起こし、悪玉のLDLコレステロールを増加させます。加えて、ストレスが蓄積されると自律神経が乱れて食欲をコントロールできなくなり、肥満を招くことがあります。この肥満もまた、LDLコレステロールをふやす一因になります。

 

ス卜レスの影響を受けやすい人は心臓病や動脈硬化を起こしやすくなります

心臓発作や動脈硬化と深い関係があるストレスですが、人によってそれに対する反応はさまざまです。アメリカの精神科医の、虚血性心疾患の患者を対象にした、性格や行動バターンと病気の関連性の研究によると、ストレスにどう反応するかで、人間はA型とB型の2つのタイプに分かれます。

 

ストレスをうまく解消できるB型と、ストレスをすベてかかえ込んでしまうA型です。いわば、おっとりしていてマイぺース、リラックスしていて楽天的なB型の人にくらべ、A型の人のほうが心筋梗塞や狭心症を起こしやすく、また重症化しやすいことがわかっています。

 

また、心臓の筋肉に血液を送っている冠状動脈の硬化の進みぐあいは、B型の人にくらべるとA型の人のほうが進んでいるという調査もあります。

 

もしA型なら、こうした危険をよく自覚しておくことです。そして、自分に合ったストレス解消法を見つけて実行するようにしましょう。行動パターンや性格をすぐに変えるのはむずかしいかもしれませんが、それを意識的に改めることによって、心筋梗塞が減ったという報告もあるのです。

 

関連記事

コレステロールと糖尿病

高血圧や喫煙習慣のある方、糖尿病など危険因子が多い方はコレステロールのコントロールが厳しくなります。

 

 

 

 

適度の飲酒はコレステロールを下げる
善玉コレステロールを増やす方法の一つに、適度な飲酒という方法があります。意外かもしれませんが、適度のアルコール摂取が効果を発揮します。また、お酒の種類によっても効果は変わり特に焼酎は血栓を溶かす作用があります。

 

 

三黒の美酢
3黒成分を配合し、少しでも美しく穏やかな生活の助けになればとの思いから生まれた「健康サプリメント」です。
黒酢もろみ・発酵にんにく・卵黄油が1粒に凝縮!

 

 

 

 

動脈硬化について
高コレステロールが大きな原因となる動脈硬化について解説しているページです。厚生労働省の発表によると、わが国における死因のワーストスリーの中に血管系の病気が2項目あります。そしてこの血管系の病気の要因とも言えるのが動脈硬化なのです。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報