コレステロールを下げる食材

↓中性脂肪とコレステロールに効くサプリメント↓

イマーク

 

実はコレステロールを下げるための有効成分は数十種類以上わかっています。つまりその有効成分が入っている食材を摂取することでコレステロールを抑えることができます。

 

ではそのコレステロールを下げる食材(栄養素)というのはどのようなものがあるのでしょうか?

 

へ〜と思うかもしれないでしょうが、誰しもが一度は食べたことのある物や名前を聞いたことのあるものばかりなんです。ではどんなものがあるのか具体的にを見て行きましょう。

コレステロールを下げる成分名と代表食材

有効成分名

代表食材

詳細記事

タウリン 牡蠣、いか、たこ、毛ガニ、ほたて、はまぐり タウリンとコレステロール
EPA/DHA いわし、青魚、本まぐろ、さば、はまち、ぶり 魚の油がコレステロールを下げる
レシチン 卵黄、大豆製品、穀類、ごま油、コーン油、レバー、うなぎ レシチンとコレステロール
食物繊維 きくらげ、きな粉、ごま、インゲン、あずき、えんどう、オートミール、納豆

食物繊維とコレステロール
食物繊維の必要量

ビタミンE,C いわし、明太子、モロヘイヤ、ピーマン、ゆず、アセロラジュース、パセリ、レモン ビタミンとコレステロール
ビタミンB2 豚レバー、牛レバー、鶏豚レバー ビタミンB郡とコレステロール 
抗酸化物質 にんじん、かぼちゃ、トマト、ほうれんそう、ぴーまん、うこん、赤ワイン、オリーブ油、大豆等

抗酸化物質と動脈効果
オリーブオイルの効果

ムコ多糖 うなぎ、ふかひれ、どじょう、魚の目玉 ムコ多糖と動脈硬化
メラノイジン コーヒー、味噌 メラノイジンがコレステロール抑制
植物ステロール 納豆、豆腐、きなこ、豆乳、おから、生揚げ、ゆば

コレステロールを下げる特効薬
大豆の植物ステロール効果

ナットウキナーゼ 納豆 納豆は血栓を溶かす特効薬
ナイアシン しいたけ しめじが動脈硬化の予防薬
アリシン にんにく、玉ねぎ、にら、ねぎ ニンニクでコレステロール減少
リコピン トマト、ナス、ピーマン、スイカ、パパイヤ、サクランボ、プラム トマトが動脈硬化を防ぐ

 

どれもコレも食べれない人はコレ一本!

↓「中性脂肪値が約20%低下する」消費者庁が認可のトクホ↓

イマーク

一体どれを摂取すればよいの?

こんなにあると一体どれを食べればいの?ってことになると思います。

 

どれも効果が期待出来ますので全て食べれれば良いのですが、現実的にすべてを食べるのは不可能です。特に早く効果を出したい人に最近注目を浴びている物にDHA/EPAがあります。

 

注目成分

青魚に含まれるDHA/EPAは近年注目されています

例えば青魚などは近年、日本の食卓に登場しなくなったと言われています。青魚には、血液をサラサラにするDHAとEPAと呼ばれる成分が含まれており、コレステロールを下げるのに非常に有効であると注目が集まっています。さすがに毎日は難しいでしょうから、代用としてトクホ(特定保健用食品)と呼ばれる商品なんかで、足りない日だけ補うというのもひとつの手段です。

大豆イソフラボンはコレステロール以外にも効果あり!

もう一例上げますと、大豆製品はコレステロールを下げる為の王道的な食材で、コレステロール以外にも「動脈硬化予防」や「骨粗しょう症」、「抗酸化作用」などの効果も期待出来ます。また大豆製品には、「大豆イソフラボン」と呼ばれる物質が含まれており、この大豆イソフラボンには、更年期障害、生理不順、前立腺ガンなどの改善に効果あるとされています。

 

さらに、大豆イソフラボンは化学構造式が女性ホルモンのエストロゲンにっそくりでその働きもエストロゲンに似ていることがわかっています。一般的に女性は40代後半よりエストロゲンの分泌量がが減少することで更年期症状とよばれる症状がではじめます。症状がひどい場合には治療が行われますが、予防策としてエストロゲンのように作用する大豆製品などの食材をとる方法があります。

 

男女の違いや補いたい成分がある等の基準で摂取する食品を選ぶのも良いでしょう。基本は、長く継続することです。DHA/EPAを効率よく摂取するためには、いわしや青魚などですが最近では消費者庁が認可した特定保健食品で「イマークS」という商品が人気です。

 

↓「中性脂肪値が約20%低下する」消費者庁が認可のトクホ↓

イマーク

 

次の記事>>コレステロールを下げる食事

次の記事>>コレステロールの高い食品

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。







  このエントリーをはてなブックマークに追加  


コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報