卵はコレステロールを上げない

数々の実験で卵はコレステロール値を上げないことが明らかになっています

 卵はタンパク源として貴重な食べ物ですが、『身にたっぷり含まれているコレステロールがこわくて・・・・』という声はかなり多いいようです。

 

しかし、卵のコレステロールについての数々の実験データを見ると、そうした心配が杞憂にすぎないことがわかります。卵を食べても血液中のコレステロール値は、ほとんど変わらないということが明らかになっています。

 

たとえば、米国の実験例によると、40才以上の男女約1000人を3つのグループに分け、グループごとに週0-2個、3-6個、0-24個を食べさせ、8年継統たケースがあります。この場合も、コレステロールの数値はグループによってほとんど大きな差は出なかったとされています。

 

日本では国立栄養研究所が実施した同様の実験を行いましたが、これもたくさん卵を食べたからといってコレステロールの値はほど変化しないという結論を出しています。もともと、体内のコレステロールの80%は肝臓で合成されます。食品からとり入れる割合は20%にすぎません。(詳しくは⇒コレステロールと食事量の改善

 

また、食物によってコレステロールが多少増減しても、体内の自動調節作用によって調整されるので、血中コレステロールの量はそれほど変動しません。血中に流れ込んで消されるコレステロールの十数倍の蓄えが体内にはあるのです。

 

てすから、いくら卵のコレステロールが多いといっても、卵の食べすぎで一気にコレステロールの値が病的に上昇することはありません。そのうえ、卵黄にはレシチンという、コレステロールが血管の内壁にこびりつく弊害を防ぐ成分が含まれていますから、なおさら心配はいりません。

 

こうしたさまざまな点を考えると、少なくとも健康で血中コレステロール値が180mg/dl程度の人であれば、1日に1個や2個の卵を毎日食べるというような普通の食べ方ではコレステロール値が高くなるということはありえません。

人によっては卵を控えたほうがいい場合もあります

しかし、血中コレステロール値の高い人の場合には、医師の指示によって卵の摂取を控えたり、中断したりすることが望ましい場合もあります。

 

血中コレステロール値がすでに高い人はいうまでもなく、コレステロール値に警戒すべきサインが出ている人は、卵をとりすぎないように注意しなければなりません。たとえば3日に1個に抑えるというように控えめにする必要があるでしょう。また、健康な人でも、年齢に関係なく脂質異常症になりやすい素質を持った人がいます。こういう人はたとえ血中コレステロール値が正常でも、やはり卵を食べすぎないよう注意したほうが得策です。

 

ワンポイントアドバイス

鶏卵そのものを避けても、実際には、いろいろな加工食品や料理の中に鶏卵がつなぎとして入っています。また、ケーキをはじめ、カステラやプリンなどの黄色い菓子類には必ず鶏卵が使用されています。このような食品を食べるときは十分に注意したいものです。
ちなみに、卵白はタンパク質の宝庫でありコレステロールをほとんど含まないので脂質異常症の人にもお勧めです。

 

関連記事

魚の油がコレステロールを下げる
いわし、さば、さんまなどを代表する青魚にはコレステロールを低下させる作用があります。それは青魚に含まれるEPAとDHAが一役買っているのです。EPA/DHAは身体にどんな効果をもたらすのでしょうか?

 

 

なぜ油はバランスよく摂取しないといけないのか?
油脂は摂取エネルギーの25%以下に抑えて、バランスよく摂取すればコレステロールは増えまえん。全く摂取しないのも問題で、極端に取らないと最悪糖尿病になりやすくなります。

 

 

 

オリーブオイルの驚きの効果!
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールをふやす大きな特長があります。

 

 

 

適度の飲酒はコレステロールを下げる
善玉コレステロールを増やす方法の一つに、適度な飲酒という方法があります。意外かもしれませんが、適度のアルコール摂取が効果を発揮します。また、お酒の種類によっても効果は変わり特に焼酎は血栓を溶かす作用があります。

 

 

三黒の美酢
3黒成分を配合し、少しでも美しく穏やかな生活の助けになればとの思いから生まれた200年の伝統製法「実力派サプリメント」です。感動の黒酢体験で体質を改善しませんか?

 

 

 

 

 



  
このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報