魚介類とコレステロール

いかやたこ、貝類にはコレステロール減らすタウリンが豊富である

いかやたこ、貝類はコレステロールが多いから、食べすぎないほうがいいと思ってはいませんか?

 

確かに、以前の常識では、いかやたこ、はまぐりやしじみなどの貝類は、コレステロール値が高い人はあまり食べないほうがよいとされていました。

 

これらの食品に含まれるステロール類が、動脈硬化につながると思われていたためです。

 

ところが近年の技術革新により精度の高い方法で測定した結果、それほど高くないことがわかったのです。つまり、イカやタコ、貝類を食ベても血液中のコレステロールは大幅には増加しないことが明らかになったのです。

 

しかもそれどころか、これらの食品には脂質値を抑える働きのあるステロールと呼ばれる成分が多く含まれていることがわかったのです。ステロール類は、コレステロールが腸管から吸収されるのを抑える作用があります。ステロールは、コレステロールと似た構造をしていますが働きは全く違うのです。

 

タウリンがコレステロールを下げる

これらの甲殻類食品には、よく耳にするタウリンと呼ばれる成分も含まれています。

 

タウリンは、肝臓に作用し肝臓中のコレステロールを分解して胆汁液に流し出すことにより結果的に血中コレステロール直を下げる働きがある成分です。

 

そして、タウリンの効果はそれだけではありません。血圧を下げる作用や、不整脈の改善、強心作用など、健康増進をもたらす働きがいくつもあります。さらに、いかやたこ、貝類に含まれているステロール類が、タウリンの働きを高めてくれるので、動脈硬化予防には、最適の食品といえるのです。

 

またタウリンの多い食品には、カキやほたて、はまぐり、あさり、しじみ等の貝類をはじめ、いか、たこ、かに、えびなどが上げられます。これらの食品は低エネルギー食品でもあるので、食事の栄養バランスを考える上でもおすすめです。

 

なぜ?今までコレステロールが高いと言われ続けたのか

測定法が変わって、いままで高いとされたイカやタコ等の甲殻類のコレステロール量が大幅に見直されました。これらの食品は、いまだにコレステロールの多い食品というマイナスイメージがあるようですが、既に解説している通り実際にはそれほど多くないことがわかっています。むしろプラスの効果があり、より積極的に摂取すべきであると考えられています。

 

実は、旧来の測定法ではコレステロールに構造が非常によく似たステロール類まで一緒にコレステロールとして検出されていたため、数値が高くなっていたのです。たとえば牡蠣には、100g中にコレステロールが平均161mg含まれているとされていましたが高精度分析値では、これまでの1/3であるということが解っています。(⇒力キにはコレステロールの吸収を抑える成分が豊富)また、同じ魚介類のえびやいかなどもく最新の分析では少ないことが解っています。

 

次に、こうした食品を食べたときの体への影響について、報告されているいくつかの実験結果をみてみましょう。

 

実験1

健康な人にロブスターやかに、えびを大量に食べてもらった実験です。3週間後に、低コレステロール食を食べていた人たちと、血清コレステロールを比較しました。結果は、血清コレステロールは平均で8mgしか上昇していませんでした。

実験2

貝類を大量に食べてもらった実験です。もともと高コレステロール血症を持っている人たちでは約40mg上昇しましたが、健康な人では変化は見られませんでした。

実験3

健康な人にいかを大量に食べてもらった実験です。この実験では、普通の食事をしている人よりも、むしろ血清コレステロール値は下がつたそうです。

 

これらの実験結果から、いか、かに、えび、貝類などがコレステロールを上昇させるということは、近年誤りだということが分かってきたのです。

 

魚の油がコレステロールを下げる!
DHAやEPAを効率良く取る方法
魚介類は緑黄色野菜と一緒に食べるとより効果が増す!

 

タウリンを補給する、とっておきのサプリ

【自然食研】のしじみ習慣
TVで話題のしじみ習慣!しじみの栄養を凝縮した製品です。宴席が多い方はもちろん、コレステロールや中性脂肪などの健康が気になる方にもおすすめのサプリメントです。しじみに含まれるメチオニンとタウリンなどは、脂ものがお好きな方に効果的な成分で日頃貝類など摂取が少ない方は試す価値があるでしょう。

関連記事

魚の油がコレステロールを下げる
いわし、さば、さんまなどを代表する青魚にはコレステロールを低下させる作用があります。それは青魚に含まれるEPAとDHAが一役買っているのです。EPA/DHAは身体にどんな効果をもたらすのでしょうか?

 

 

卵はコレステロールを上げない
卵は確かにコレステロールの高い食品ですが、ある研究結果ではそれほど高コレステロールを引き起こす要因にはならないことも分かっています。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報