慢性炎症とは

慢性炎症とは、急性炎症とは異なり非常に弱い炎症ですが治りにくいのが特徴です。原因は、肥満やメタボなどの生活習慣病がが考えられ動脈性疾患、アルツハイマー病などにも深く関連しているとされています。

 

炎症とは

夏場に日焼けをすると、ヒリヒリとすることがよくあります。これは、紫外線の影響を受けて肌に炎症が起こっている状態です。また花粉症で目が赤くなったり痒くなるのも炎症反応です。これらが炎症と呼ばれる代表的な症状です。炎症状態を起こすと、その部分の血流が早くなり白血球が集中します。これは白血球が有害な刺激から体を守る防衛反応でもあります。

 

動脈硬化は慢性炎症を引き起こす原因の一つと考えられています。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top