脳梗塞とは

動脈硬化が起こす病気

脳梗塞とは脳血栓症と脳塞栓症の2つの種類がありこれらを総称して脳梗塞とよんでいます。脳梗塞は夜間布団に入ってから起こりやすいと言われています。脳梗塞には発作があると言われておりますが、脳血栓症と脳塞栓症では少し違いがあります。

 

脳血栓症

脳血栓では少しずつ血管が詰まり、だいたい1日〜4日間でゆっくりと発作症状があらわれます。症状は、舌のもつれ、吐きけ、手足の軽い麻痺などです。そのまま放置すると意識を失います。その前ぶれに頭痛やめまいなどが起こることも少なくありません。

 

脳塞栓

脳塞栓では急激に発作が起こります。これは脳以外の場所でできた血栓が血流に乗って流れてきて、突然、脳の血管を閉鎖してしまうからです。具体的な症状としては、休の左右どちらかが麻痺してしまう片麻痺や言語障害などがあります。また突然、意識不明になる場合もあります。

 

対処は初期に注意すること

徐々に発作の症状があらわれる脳血栓の場合は、初めの小さな発作を見のがさないことが重要です。また、高血圧や脂質異常症の方は定期的に人間ドックや脳ドックなどで検査を受けることも必要です。

 

脳梗塞の前ぶれである現象の一つに一過性脳虚血というものがあります。これは、脳血管が一時的に血栓が詰まり障害が発生する現象です。発作症状は、体の片側の手足の軽い麻痺やしびれ、言語障害などの、片目が見えなくなる、二重に見えるなどの症状が起こります。

 

これらの発作症状は、多くは10分以内、長くても1時間以内〜24時間以内に消えます。一時的な症状の理由は、血管に詰まった血栓が溶けて血流が再開するためです。

 

しかし、これを何回か繰り返したあとに本格的な脳梗塞を起こすことも多く、いわば脳梗塞の前ぶれなので、けっして侮れません。

 

たとえ発作がわずかな時間だったとしても、きちんと医師にみてもらってください。脳梗塞を予防する本格的な専門治療が必要な場合もあります。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。





コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

脳梗塞とは関連ページ

HDLコレステロール
HDLコレステロールとは?
LDLコレステロール
LDLコレステロールについての解説ページ
中性脂肪
中性脂肪に関する説明ページ
総コレステロールとは
総コレステロール値について解説しています。
脂質異常症
コレステロールなどの血液中の脂質の量が異常な状態のことを脂質異常症と呼びます。脂質異常症は、れっきとした病気であり動脈硬化などの重大な病気の要因になります。
VLDL
VLDLについて解説しています。VLDLは中性子が豊富なリポタンパクです
レシチン
レシチンとは?
タウリン
血中コレステロールを下げる働きのある物質がタウリンです。
アリシン
コレステロールが気になるアナタ!手軽でこんなに簡単にコレステロールを下げる方法があります!とにかく何とかしたい方へ、即効な有効成分、や意外なあの食品が特攻を示したりします!油のとり方、食品の選び方見直しませんか?
リコピン
リコピンとはトマトなどに含まれる色素成分で、その抗酸化作用は「βカロテンの2倍とも言われています。
ルテイン
ルテインの働きは目の病気の予防をし女性特有のがんにも効果です。また、活性酸素を除去するはたらきが高く、細胞の老化を遅らせ、がん細胞の発生をおえます。
オレイン酸とは
オレイン酸を効率的に取るには、オリーブ油、ひまわり油、サフラワー油を活用するのは手軽です。更にオリーブ油は、一番搾りの「バージンオイル」と二番絞りをブレンドした「ピュアオイル」の2種類があります。バージンオイルはオレイン酸の含有率が高い順番に「エクストラバージン」、「ファインバージン」、「セミファイン」に分かれます。
血糖値
血糖値に関する用語集
冠動脈疾患
コレステロールと関係のある冠動脈疾患についての解説ページです。
飽和脂肪酸
飽和脂肪酸は、コレステロールや中性腸肪を揄チさせ脈硬化の危換を高める働きがあります。
BMI
BMIは体重指数のことです。一般的には、(体重÷身長÷身長)で算出し18.5-25.0以内であれば正常値情とされます。
EPA
EPAとは魚の脂質に含まれる良質な脂肪酸です。また体内で合成することが出来ない物質で、最近の研究の報告ではガンを抑制する作用も確認されています。
DHAの効果
青魚に含まれるDHAの効果について解説しています。
γ-GTP
γ-GTPとは
オキシステロール
オキシステロールとは、参加したコレステロールのこと
トクホとは(特定保健用食品)
トクホ(特定保健用食品)とは
脂質異常症ガイドライン
以前は、「高脂血症」と呼ばれていましたが日本動脈硬化学会が公表した「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」 では、「脂質異常症」という呼び方に置き換えられました。
カイロミクロン
カイロミクロンはリポ蛋白の一種で象徴で合成されます。
甲状腺機能低下症
甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が減少する病気で、別名クレチンしょうとも呼ばれます。
ネフローゼ症候群
ネフローゼ症候群とは低蛋白血症や高コレステロール血症などを生じる病態で、腎臓病が原因で起こる病気と言われています。
動脈硬化
一言で動脈硬化と言っても自覚症状が殆どありません。しかし動脈硬化は放置すればどんどん進行していき心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険性はますます高くなります。そのためにも普段からコレステロールや中性脂肪などの値を管理しなければなりません。
肥満
肥満の状態について解説しています。まだ大丈夫と思っているあなた!本当に大丈夫ですか?いったい肥満とはどのような状態のことを言うのでしょうか?
内臓脂肪
内臓脂肪とは内臓の周りについた脂肪のことを指します。
家族性高コレステロール血症
遺伝のために生まれつきコレステロールが高くなりやすい人がいます。これを家族性高コレステロール血症と呼びます。家族性高コレステロール血症の患者さんにはコレステロールの高い血縁者が多いいことが特徴の一つです。
高尿酸血症
高尿酸血症は腎臓や心臓の動脈硬化を促進させる危険因子でもあります。いわゆる血中の尿酸値が高くなった状態をいいます。
大動脈瘤
脂質異常症が要因となり引き起こされる動脈硬化は、更に別の病気を引き起こす可能性を秘めています。動脈硬化が原因で大動脈瘤という死亡率が高い病気になる可能性があります。
尿酸値
尿酸とはプリン塩基を構成する物質です。飲酒や、運動不足、生活習慣の乱れなどが高尿酸値に「つながると言われています。
心筋梗塞
心筋梗塞とは冠動脈疾患の一つで、血管の動脈硬化が引きをこす病気です。動脈硬化によって血栓が出来て血管に詰まった場合、血液が流れにくい状態(もしくは流れない)になり胸に激痛が走ります。最悪死亡リスクもあり。
脂肪肝
中性脂肪が肝臓に溜まりすぎる病気が脂肪肝です。脂質異常症が原因で起こる病気の一つです。
慢性腎臓病
慢性肝臓病についての解説ページです。
アテローム性動脈硬化
アテローム性動脈硬化はコレステロールと関わりの深い動脈硬化の一つです。
閉塞性冠動脈硬化症
閉塞性冠動脈硬化症とは、脚の血管に動脈硬化がおこり、歩くと痛みが生じる症状。放置しておくと、患部が壊死してしまう可能性もある。
狭心症
狭心症は、動脈硬化によって血管の内部が狭くなった状態です。血管が狭くなると血液が流れづらくなり、酸素を始めとする栄養素も行きとどきづらくなります
頸動脈狭窄症
脳に血液を送る首の動脈が動脈硬化になると、めまい、脳梗塞を起こしやすくなります。
腎硬化症
腎硬化症とは、腎臓の血管が動脈硬化を起こしたことが原因で、腎臓機能の障害をもたらす病気です。
慢性炎症
慢性炎症は生活習慣深く関係するとされる炎症反応のこと腫れや痛みが出る。治りにくいのも特徴。
アセチルCoA
アセチルCoAとは、肝臓で合成されるコレステロールの減量のこと
EPA製剤
中性脂肪の合成よ抑制する薬

コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報