ヨーグル卜が腸内のコレステロールを排出

ヨーグル卜が腸内のコレステロールを排出

 ヨーグルトにはコレステロール値を下げる働きがあります。

 

 腸内のコレステロールをふきとってくれる乳酸菌ヨーグル卜にコレステロール値を下げる働きがあるらしいことは、数十年前から研究者の間で話題にされていました。しかし、なぜコレステロール値が下がるのか、そのメカニズムについては、なかなか解明されていなかったのです。

 

 ところが、最近になって、乳酸菌にその秘密があるということがわかってきました。乳酸菌は牛乳をヨーグルトやチーズに変えるパクテリアです。実は、この乳酸菌の表面にはポリサッカライドとペプチドグリカンというネトネトした物質があるのです。

 

 ヨーグルトには乳酸菌が多量に含まれ、食べると胃から腸へと移動します。腸管内には食べ物のコレステロールがたくさん存在しますが、そこへ乳酸菌がやってくると、表面のネトネト物質でコレステロールをひっかけてしまうのです。
 しかも、乳酸菌の細胞壁は、そのわずかなすき間にコレステロールをとり込む力も持っています。そのため、ネトネト物質でひっかけられなかったコレステロールも細胞壁の中に折りたたまれるようにしてとり込まれるのです。

 

こうしてコレステロールをとり込んだ乳酸菌は、そのまま便として排泄されます。乳酸菌は、いわば腸管内のコレステロールをふきとる使い捨てぞうきんのような役割を果たしているといえるでしよう。

 

乳酸菌がコレステロールを排泄

 さらに、乳酸菌には、消化液の一つで十二指腸で分泌される胆汁酸を分解する働きもあります。この胆汁酸の原料となるのが、ほかでもないコレステロールです。
 胆汁酸が分解されると、体はその分を補おうとつまり、乳酸菌は血液中からコレステロールをくみ出すポンプとしての役?を汨つているといえます。ラットにコレステロール値の高いえさと乳酸菌を一緒に与えると、乳酸菌を与えなかった場合とくらベて血中コレステロールのヒ昇率が最大で約20%抑えられるという実験結果が出ています。
 人間でもほぼ同様の結果が証明されつつあり、乳酸のコレステロール排出効果はまず疑いないといえそうです。ヨーグルトは発酵食品なだけに、自家製よりも、しっかりした製造工程をへた製品を選びたいものです。容器に成分分析表が示されているかどうかも、選ぶときの一つの目安となるでしよう。

 

 おススメのヨーグルトはコチラ⇒コレステロールを下げるヨーグルト【通販ページ】

 

関連記事

コレステロールを下げる食材
実は、コレステロールを下げるための有効成分は数十種類以上わかっています。後は、その有効成分が入っている食材を摂取することでコレステロールを抑えることができます。

 

 

 

食物繊維はコレステロールを下げる即効性のある特効薬
『そろそろ健康診断か、そういえばコレステロールが気になっていただ・・・今すぐ何とかしたい!!』そんな方にオススメの方法が食物繊維の摂取です。手っ取り早くコレステロールを下げるのなら食物繊維を多く含んでいる食品を積極的に摂取することです。

 

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが正常値ではないのですが全く自覚症状がありません!って方多いんじゃないでしょうか?コレステロールの数値が正常でない事は、脂質異常症と言う病気です。はっきりと病気といえるのです。健康診断で見るべきポイントとは?

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報