善玉コレステロールを増やす方法

善玉コレステロールを増やす食べ物

基本的に善玉コレステロールは、食べ物で増やすというものではありません。

 

食べ物ではなく、運動を行うことで高まります。具体的に解説していきますと、運動を行うことで血行が促進され、リポタンパクリパーゼと言う酵素が筋肉内で活発に動きます。

 

この結果、中性脂肪が下がります。中性脂肪とシーソー関係にある善玉コレステロールが上がるといった仕組みです。また、ここで指す運動とは有酸素運動のことです。

 

善玉コレステロールを増やす方法はなかなか難いもので、有効であると考えられているものに有酸素運動、禁煙、適度の飲酒が上げられているのです。(適量のアルコール摂取がHDLを増加

 

重要なことは、日常生活で有酸素運動を取り込みそれを継続していくということです。一般的には、3ヶ月継続することで善玉コレステロール値が増え、半年あたりで総コレステロール値が下がると言われています。これが善玉コレステロールを増やす基本的な考え方です。

番外編

一方で善玉コレステロールを増やすと言われている食品もありますのでご紹介します。それは、お酒、ゴマ、緑茶です。詳しくは以下のページを参考にしてみてください。

 

適度の飲酒はコレステロールを下げる

善玉コレステロールを増やす方法の一つに、適度な飲酒という方法があります。意外かもしれませんが、適度のアルコール摂取が効果を発揮します。また、お酒の種類によっても効果は変わり特に焼酎は血栓を溶かす作用があります。

 

 

 

ごまの成分セサミンの効能とは!

ゴマの中に含まれる成分セサミンは、悪玉コレステロールを下げる効果とともに善玉コレステロールを上げる効果がある!さらにセサミンはビタミンEと組み合わせると抗酸化効果がより上がるとされている注目区の成分です。

 

 

 

緑茶に秘められた驚きの作用

緑茶に含まれる成分の一つにエピガロカテキンガレートと言う成分が近年注目を集めています。この成分には中性脂肪を下げ善玉コレステロールを増やす効果があることが分かりました。

 

 

動物性脂肪よりも植物性油や魚の油を選ぶ!

善玉コレステロールをふやしたいと思っている方は、毎日食べる食事の内容を少し見直してみてはいかがでしょうか?

 

善玉コレステロールを増やす方法の一つに、動物性脂肪(飽和脂肪酸)と魚の油や植物油(不飽和脂肪酸)とを、バランスよく摂取する方法があります。

 

油脂はその種類によってコレステロールを増やすものや、悪玉コレステロールだけを減らすもの、善玉と悪玉両方を減らす3つのタイプがあります。以下の表をご覧ください。
 

油の種類と働き

分類

作用
飽和脂肪酸 コレステロールを増やす 牛肉、豚肉、バター
多価不飽和脂肪酸 コレステロールを増やす アーモンド、オリーブ油、菜種油
一価不飽和脂肪酸 悪玉と善玉コレステロール両方を減らす サフラワー油、大豆油、さば、いわし、まぐろ

 

これらの油の摂取バランスに関しては飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸を、それぞれ3:4:3の割合で摂取することが理想とされています。この理屈は近年日本で有力になりつつある考え方です。

 

では問題はどのようにしてこの比率に近づけるかです。単純に言うと動物性脂肪よりも植物性の油を多めにとることです。

動物性脂肪と植物性脂肪のバランスとは

動物性脂肪とは、牛、豚、鳥の肉に必ず含まれている脂肪です。これらの料理を特に気にしないで食べると、バランスがすぐに崩れてしまいますので肉類はほどほどにするのがポイントです。しかも、肉類を食べるときは脂肪の白い部分はなるべく切り落としたりする工夫も重要です。

 

一方で、魚を摂取する回数を増やすことです。肉と魚のおかずを一日交代に食卓にのせるなどしてローテーションを組むと良いでしょう。

いろいろな種類の植物油を摂取する

多価不飽和脂肪酸のうち、EPAやDHAは魚類に多く含まれています。多価不飽和脂肪酸のうちリノール酸はサフラワー油、コーン油、大豆油、ゴマ油などに多く含まれていまれ、一価不飽和脂肪酸は特にオリブオイルに多く含まれています。

 

そこで、理想的な比率を確保するためには、植物油はオリーブオイルを含めた様々な種類を使用しその日に使用量は大さじ一杯から二杯くらいにしましょう。もっとも植物性油は意識しないと取れません。意識して毎日に摂取量を気にすることで飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸の割合を3:4:3に近づけることができます。

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報